忍者ブログ
< 07月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 09月 >
Home >  > [PR]Home > 未選択 > 菊花賞

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年08月17日 |

菊花賞

ワンスアポンタイム、春と秋の2回とも3200mという長丁場で行われた天皇賞に代表される通り、日本の競馬は長距離志向であった。

当然、3000mの菊花賞の位置づけも、今以上に高かったのは「皐月賞は速い馬、ダービーは運がいい馬、菊花賞は強い馬が勝つ」という昔からの格言で分かって頂けるだろう。

しかし、これも今や死語と言って過言ではない。現在の競馬界において種牡馬的価値を決めるのは、血統背景、スピード性能、ポテンシャルの高さ。昔はもてはやされたスタミナは重要とされない=ステイヤータイプの種牡馬は価値がないのである!

 

拍手[0回]

PR

2008年10月19日 | 未選択 | CM(0) | TB(0)

Comment

Comment


Trackback

URL


▲page top